スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ユダヤでは22日の夕方から29日まで、過越しの祭り(ペサハ)を祝っています。
英語ではpassoverといい、ご存知の方も多いと思います。
3千数百年前、イスラエルの民がエジプトで奴隷とてい苦役を強いられた状況から解放され自由の民となったことを記念し追体験するお祭りです。
ユダヤの歴史的な祭りはどれもただ記念するだけでなく、現在を生きる自分たちも同じ体験をし次世代に語り継ぐという意味合いがあります。
ユダヤ人はどんな苦境にあっても、このお祭りを祝い、自らのアイデンティティを守ってきました。
最初の夜は「レイル・セデル」と言って、ながーい儀式を行います。
マアヤン・リナーでは、去年に続き、今年もユダヤ文化紹介の意味を込めて、23日の土曜日に儀式を行いました。
大分・熊本が大変な状況ですが、このような時にこそ、ペサハを行う意味があると思い実施しました。
もちろん日本で行うので、本場と同じというわけにもいかず、日本バージョンのセデルでした。
計34人も集まり、子供たちも9人が参加してくれました。
特に子供たちが初対面にもかかわらず、すぐに仲良くなって喜んでいたのが何よりでした。

ペサハの様子
ペサハの様子1

ペサハの様子
ペサハの様子2

種入れぬパンにハゼレット(西洋わさびと赤かぶを混ぜた物)
種入れぬパンとハゼレット(西洋わさびと赤かぶを混ぜたもの)

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ヨハナン

Author:ヨハナン
「イスラエルの風」へようこそ
ヘブライ語教室マアヤン・リナーの講師、児玉直純です。
福岡で、おそらく九州で唯一のヘブライ語教室です。また翻訳・通訳をしています。
http://www1.bbiq.jp/maayan-rinnah/index.html

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。