スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

土日がイスラエルの休日に?

 現在世界で多数の国々は土日を休日としている。しかしイスラエルではユダヤ教がもともと金曜日の夕方から土曜日の夕方を休日としているため、休日は金曜日と土曜日となっている。金曜日を半休としている会社や店もある。一部を除き金曜日の午後からは公共バスも走らない。その代わり日曜日が、日本の月曜日のように週明けとして活動が開始される。
 
 ところがイスラエルでは現在、休日を世界の常識に合わせようと、金曜日は昼までの労働そして土日を完全休日とするという案が出され、ネタニヤフ首相は「日曜日を休日とする調査委員会」の立ち上げを命じた。これが実現すれば、イスラエルは週休二日半になるという。推進者達の声によると、「休日を世界レベルに合わせることで、多大な経済効果が期待できる。また商業施設やイスラエルで人気のサッカーの試合などは日曜日に開かれ、その分土曜日のシャバットを守る人も増える」とのこと。

 世俗的なイスラエル人一般にはおおむね受け入れられているようだ。しかし宗教家の人々は別。宗教政党のシャスは「反対」を表明している。
 ユダヤ教では土曜日はただの休日ではなく、聖なる日として特別な時を過ごす。土曜日の夕方に聖日から普段の日に変わるハブダラー(分離)という儀式を行い、聖なる時と俗なる時をはっきりと区別している。長い間シャバットを守り続けてきたユダヤ教徒たちが、土曜日と日曜日を「休日」として同列に扱うことに反発を感じるのはとても理解できる。

 個人的にはユダヤの宗教・伝統を大事にしたいと思っているので、「長い休日案」には首をかしげているところだ。また「日曜日は平日」が当たり前だったイスラエルを経験している私の個人的心情としても、イスラエルがイスラエルらしくなくなるような気がして寂しい思いがする。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ヨハナン

Author:ヨハナン
「イスラエルの風」へようこそ
ヘブライ語教室マアヤン・リナーの講師、児玉直純です。
福岡で、おそらく九州で唯一のヘブライ語教室です。また翻訳・通訳をしています。
http://www1.bbiq.jp/maayan-rinnah/index.html

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。