スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イスラエルでも卒業式で国歌の問題?

 日本でも卒業式の国歌斉唱の問題は裁判などにもなって、ときおり白熱した議論が交わされる。
この問題は日本特有のものかと思っていたが、ここ数日イスラエルでもメディアを賑わしているようだ。

 先週ハイファ大学の法学部卒業式で、毎年式典の終わりに流されていた国歌演奏を今年は流さないことにした。この決定の理由は、ハイファ大学法学部には多くのアラブ系の学生がいることを配慮したため。

 自分達の国旗や国歌に対する高い意識を持っているイスラエル人たちはこのことを大きく問題視し、「反イスラエル、反ユダヤの表れだ」と激しい非難の声が上がった。

 この非難の声に対して、今度は国中から数十名の法学研究機関の学者達が集まり、ハイファ大学法学部の決定を支持する声明を出した。彼等の言い分は「学術機関における式典はあくまで民間の式典であって、国主催のものではない。ゆえに卒業式典で国歌演奏を行なわないというハイファ大学法学部の決定は、逆に国歌演奏を国主催の式典に特化するという意味で国歌を尊重することになる」というもの。

 学者さん達の言い分は屁理屈に聞こえなくもないが、「反イスラエル・反ユダヤ」という国賊扱いされたことへの反発が表れているのだろう。

 イスラエル人の国やその象徴に対する思いや意識の高さは、日本人一般のそれとは比べものにならないほど。今回の問題は背後に複雑な民族問題もあり、日本人である私がとやかく言う筋のものではない。ただまさかイスラエルで国歌のことが問題となるとは思ってもいなかったので、とても驚いたのと同時にイスラエル社会について考えさせられると思い、ブログに書き記しておきました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

イスラエルを訪れて驚いたことは、イスラエル国旗がいたる所に掲げてあったことです。イスラエル人の国を思う気持ち、そして意識の高さを伺い知ることができました。

No title

本当ですね。
彼等の国への愛と意識の高さが国を強くしたんですね。
日本では政府の危機管理能力がよく問題にされますが、私は国民一人一人の意識の高さが土台になった上で、国の危機管理能力も高くなると思うのです。

No title

おっしゃる通りだと思います。
まずは、自分自身の意識を高めていくことが大切ですね。有難うございます。
プロフィール

ヨハナン

Author:ヨハナン
「イスラエルの風」へようこそ
ヘブライ語教室マアヤン・リナーの講師、児玉直純です。
福岡で、おそらく九州で唯一のヘブライ語教室です。また翻訳・通訳をしています。
http://www1.bbiq.jp/maayan-rinnah/index.html

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。