スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シェルター

 北朝鮮の核実験が気になり昼の休憩中にテレビを見ていたら、株式会社シェルターという、核シェルターの輸入販売をしている大阪の会社が紹介されていた。経営者は西本誠一郎氏で、非常に熱心なクリスチャンであり、社長室にはイスラエルの国旗も貼ってあった。放射能や化学物質から身を守る空気ろ過装置もあり、計1200万円でシェルターを作ることができるとのこと。一般の人には手の届く額ではないが...

 しかしニュースを見ながらつくづく日本はセキュリティ関連ではあらゆる面で遅れていると思った。

 イスラエルでは、法律で各建物に非核兵器対応シェルターの設置が義務付けられている。過去様々な戦争を通ってきたため法律内容は何度も改正され、今はガス兵器等の化学兵器対応のシェルターがなければならない。
 また、そのシェルターの材料、壁の厚さや中の広さ、人数、水や食料等細かな規定があり、国が国民を守ろうとしている姿勢をよく表している。

 実際には全ての家や建物が法規通りにシェルターを有してはいないようで、今月の4日のマアリヴ紙には、第二次レバノン戦争後調査で37%のイスラエル人はシェルターがないとの記事があった。現実にはお金もかかるし大変だろう。私の住んでいた家もシェルターらしきものはあったが、倉庫代わりに使っており、人数の割には狭く扉もごく普通のもので到底役に立つようなシロモノではなかった。
 イスラエルの国はお金がないのに公共シェルターも建てなければならず対応に追われている。

 翻ってわが国を見みると、国が国民を守る意識はほとんどゼロに等しい。拉致問題にしても、ミサイル発射にしても、核実験にしても、また地震などの自然災害にしても、政府はすべての面において事後対策しかしない。
 安部首相には大いに期待しており、やっていただきたいことは山ほどあるが、シェルター設置などの具体的措置の検討もその一つだ。憲法問題は良い方向へ向かっているようだが、国民の意識の低さが障害となって、セキュリティの向上は非常に困難だろう。
 安部首相には是非イスラエルに行っていただき、そのような事もつぶさに見てきてほしい。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

イスラエルのセキュリティーが万全とは言えませんが、確かに日本が勉強できることはたくさんありますね。
戦争後は心理的な面でのケアなども考えられていて、学校や保育園などでも専門家が来てお話を聞いてくれる機会がもたれました。
あんな近くに核の脅威が迫っているのになんの対策もされていない日本が心配です。何かが起こってからでは遅いですものね。

No title

本当ですね。
幾つかの日本の警備会社はイスラエルに研修に行って、セキュリティを学んでいるそうです。
100%完璧なセキュリティは不可能だと思いますが、日本の場合は、様々な障害があってセキュリティ対策は本当に遅れております。
人の命とプライバシーとどっちが大切?と問いたいのですが...
イスラエルでは仰るとおり戦争後やテロ後のメンタルケアーはすごくしっかりしてますよね。
プロフィール

ヨハナン

Author:ヨハナン
「イスラエルの風」へようこそ
ヘブライ語教室マアヤン・リナーの講師、児玉直純です。
福岡で、おそらく九州で唯一のヘブライ語教室です。また翻訳・通訳をしています。
http://www1.bbiq.jp/maayan-rinnah/index.html

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。