スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カナ村の空爆

 子供達を含む60名の人が亡くなった今回の事件は本当に心が痛む。傷ついた子供達の映像が報道されていたが、見るのは耐え難く、たまらない思いがした。このようなことは2度と起こらないようにと祈るばかりだ。

 しかし、世界中がこの事件をもって短絡的にイスラエルを非難しているが、はたして世界中の誰にイスラエルを非難する権利があるのだろうか?
 長年テロを放置してきた国連はイスラエルに対して「議長声明」なるものを仰々しく発表しているが、レバノンに国連軍を駐留させている間、一体何をしてきたのか?テロ対策に関してはイスラエルを危険にさらし続けてきたではないか。
(地雷撤去など賞賛に値することも行ってきたことも記しておく)

 さて今回の事件で「避難村の避難民」と大きく報道されているが、イスラエル国防軍の発表によると、この村から150発ものミサイルが発射されているとのこと。
 以下のサイトではその発射に関して映像が放映されている。

http://www.nfc.co.il/archive/001-D-106955-00.html?tag=1-48-15

http://www.nrg.co.il/online/1/ART1/456/865.html


 内容は、攻撃2日前、空からの映像で、ヒズボラがカナ村の近くからカチューシャ砲を続けて発射し、その後装備車両が村のアジトに戻っていく、国防軍はこのような映像を多数保有している、というもの。

 また、攻撃時間と建物崩壊の時間に数時間の開きがあったり、とまだ実態を調査しなければならないことは数多くある。
 事実はその後明るみに出るだろう。

 そもそも、なぜ「避難村」からテロリスト達がロケットを発射するのだろうか?
 彼らが住民達を盾にとり、被害が出たら非難の目をイスラエルに向ける、というのが彼らの常套手段だ。彼らテロリスト達は、自分達の目的のためには、たとえ同胞であろうと民間人の命などなんとも思っていない人種である。

 イスラエルに攻撃を止めろという声があるが、ではその後にテロによる被害が出たらどうすると言うのか?無責任な口出しは止めたほうが良い。
 非難されるべきはテロリスト達であって、イスラエルではない。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ヨハナン

Author:ヨハナン
「イスラエルの風」へようこそ
ヘブライ語教室マアヤン・リナーの講師、児玉直純です。
福岡で、おそらく九州で唯一のヘブライ語教室です。また翻訳・通訳をしています。
http://www1.bbiq.jp/maayan-rinnah/index.html

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。