スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イスラエルの羊飼い

 「羊飼い

 「羊飼い」というと、数千年昔のモーセや少年ダビデを思い浮かべるが、今でもイスラエルでは羊の群れをよく見かける。
 今ではイスラエル政府の定住化政策もあって減少したが、「ベドウィン」といって昔さながらの遊牧民の生活をしている人たちがいる。彼らは荒野の真ん中に皮のテントを張り、羊や山羊を飼って生計を立てている。

 ところがベドウィンだけでなく普通のイスラエル人の中にも羊飼いを職業としている人たちもいるそうだ。
 農業省が教育機関を通じて毎年羊飼いのコースを設けている。去年までは20人位の生徒しか応募がないそうだが、今年は倍の40人が集まってきた。
 羊の飼育に関することは全てカリキュラムに組みこまれていて、獣医学や栄養学等理論的なことから羊飼いの経営の仕方等実践的なことまで事細かに学ぶ。
 もちろん日本の農業学校でも同様のことを学ぶのだろうが、やはり古代から続いてきたイスラエルの羊飼いには非常に魅力を感じる。

 現在のイスラエルではGNPの野業の占める割合は減少傾向にあり、いわゆる主産業ではない。しかし輸入も多いが輸出産物の方が多く、農業が重要視されていることには変わらない。
 国もかなり力を入れている。「羊飼い」講座もその一つだろう。

 大学で旧約聖書の勉強はしたが、実際に羊を飼う体験をした方がより聖書の学びになったのかも、と思うことしばしば。
 よくベドウィンの少年が羊を追っている姿を見かけたが、手習いでもしておけば良かった、と今になって後悔している。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

最近、よく仕事やプライベートで人に会うことが多いんですが、名刺を渡すとき「羊飼い クジラ 住所不定 ネゲヴのどこか」なんて書いてあるとカッコいいですね!

No title

そんな名刺、渡されてみたいですね。
「羊」「クジラ」「ネゲヴ」―すごい組み合わせですね。
プロフィール

ヨハナン

Author:ヨハナン
「イスラエルの風」へようこそ
ヘブライ語教室マアヤン・リナーの講師、児玉直純です。
福岡で、おそらく九州で唯一のヘブライ語教室です。また翻訳・通訳をしています。
http://www1.bbiq.jp/maayan-rinnah/index.html

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。