スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イスラエルで人気の観光地

 2005年に訪問者最多数を記録した観光地は、エルサレムの「聖書動物園」で55万254人。この動物園には旧約聖書に出てくる動物はもちろん、他の動物もたくさんいて、それぞれの聖書の箇所も表示されている。ノアの箱舟や園内を走る鉄道もあり子供から大人まで楽しむことが出来る。
 
 2番目の人気スポットは「ハマット・ガデル」という温泉地。場所はガリラヤ湖の南端から東に行ったレバノンとの国境直ぐ近く。古代からの温泉地でラビ文献にも登場する。ローマ時代の遺跡があり、古をしのびながら温泉につかることが出来る。ただ最近は温泉の水質が問題になっているようで調査中とのこと。

 3番目は先日、TBSの世界遺産でも紹介された「マッサダ」。死海の直ぐ西側に位置し、2000年前、ローマとの戦いで1千人近くのユダヤ人が3年間立てこもった天然の要塞。400mの高さから見下ろす死海は最高の風景だ。49万5千人が訪れ2004年に比べると37.5%増とのこと。
ただこれらの調査は入場料を取る観光地のみを対象としたもので、エルサレムの嘆きの壁やハイファのバハイ教寺院などは含まれていない。

 2005年はイスラエル観光業界にとっては非常に良かった年で、191万6200人の観光客がイスラエルを訪れ、前年比では27%増だったそうだ。
 イスラエル国の重要な財源の一つとなっているのが観光収入だ。もう直ぐ総選挙があるが、パレスチナや他のアラブ諸国との関係によって大きく左右されるイスラエル観光業。平和を誰よりも望んでいるのは現地の人々であることを思う。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ヨハナン

Author:ヨハナン
「イスラエルの風」へようこそ
ヘブライ語教室マアヤン・リナーの講師、児玉直純です。
福岡で、おそらく九州で唯一のヘブライ語教室です。また翻訳・通訳をしています。
http://www1.bbiq.jp/maayan-rinnah/index.html

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。