スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

先進国特有の現象

 今日のマアリブ紙にはイスラエルでの若者達のユダヤ教離れの記事が乗っていた。
 バル・イラン大学の教授達が国民宗教学校の生徒1700人を対象に行った調査では、42%の生徒が自分達の両親よりも宗教的でなく25%が将来は宗教から離れる、と答えたという。
 学者達の見解では学校教育の問題というよりも家庭内で戒律を守る厳格さが薄れてきているのが原因とのこと。
また、これはイスラエル外の国に住むユダヤ人口がこの30数年で25%減少している、という記事が「隔月刊誌ミルトス№84」で紹介されていた。ユダヤ人口減少の理由はいろいろとあるが、その1つに出生率低下があげられる。世界のユダヤ人の90%は先進国に住んでいるというが、今日本でも問題になっている出生率低下は世界の先進国特有の現象でもある。
 イスラエル若者の宗教離れと世界のユダヤ人社会の出生率低下は密接につながっているように思えてならない。このことはユダヤ人のことだけでなく、わが国日本の問題でもある。
現代社会の抱える問題について少しく考えさせられる。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ヨハナン

Author:ヨハナン
「イスラエルの風」へようこそ
ヘブライ語教室マアヤン・リナーの講師、児玉直純です。
福岡で、おそらく九州で唯一のヘブライ語教室です。また翻訳・通訳をしています。
http://www1.bbiq.jp/maayan-rinnah/index.html

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。