スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヘブライソングの女王、ショシャナ・ダマリ逝く

 「カラニヨット(アネモネ)」、「ヘン・エフシャル(確かにそうかもしれない)」、「ハレウート(友情)」など数多くのヒットソングを歌ったイスラエルの国民的歌手ショシャナ・ダマリが、今朝(イスラエル時間)テル・アビブの病院で息を引き取った。享年83歳。死因は肺炎。家族や友人に囲まれ最初のヒット曲「カラニヨット」合唱の中での最後だった。

 ショシャナ・ダマリは1923年イエメンのダマルで生まれ2歳のときにパレスチナの地に帰還。幼少のときより人前で歌う機会が多く14歳でデビュー、16歳で初めてソロとして歌う。20歳のときある劇団の一員となり、有名作曲家、作詞家が彼女のために多くの作品を書く。その中に「カラニヨット」があり、パレスチナ中で大ヒットとなる。
 オフラ・ハザと同様イエメン系特有の声で多くの人を魅了。「イスラエルの声」「ヘブライソングの女王」などの名声を博す。
イスラエルの兵隊達の激励コンサートや映画女優としても活躍したり、精力的な人生を送った。

 ファンの中には故イツハク・ラビンやシモン・ペレス、イツハク・シャミールなど大物政治家も少なくない。
 1年半前にはナオミ・シェメルが、今日(2月14日)はショシャナ・ダマリ、とイスラエルと共に生きてきた国民歌手がいなくなっていくのは非常にさびしい。
 イスラエルの情報サイトでも彼女の死を悼む声が後を絶たないようだ。
 天上のご冥福を祈りたい。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ヨハナン

Author:ヨハナン
「イスラエルの風」へようこそ
ヘブライ語教室マアヤン・リナーの講師、児玉直純です。
福岡で、おそらく九州で唯一のヘブライ語教室です。また翻訳・通訳をしています。
http://www1.bbiq.jp/maayan-rinnah/index.html

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。