スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イスラエルにおけるテロ研究(2)

 「うわあっ、これじゃテロのし放題だ。」10年前、私が日本に帰国して最初にもらした感想だ。デパート等の建物、電車や地下鉄、誰もが自由に出入りできる。日本では絶対にテロは起こらないと思っているのか。しかし2年ほど前地下鉄サリン事件が起こったばかりだ。
 イスラエルではモールやスーパー、学校・病院などの建物に入るときは大抵荷物チェックがあり、みな当たり前のようにチェックを受ける。
 日本では「人権・プライパシー」のほうが「人命」よりも大切なようだ。中学生のナイフ殺傷事件が続いたときでさえも、学校で登校時の荷物検査を始めたら、「プライパシー侵害」の声が上がりチェックは中止になった。ごく少数のイデオロギーの声が社会全体に影響を大きく及ぼしている。

 私がイスラエルに行って間もない頃、キブツ・イタヴという小さな開拓キブツでボランティアとして働いことがあった。キブツ員はみな兵役を終えたばかりの20代前半の若者ばかりで40名ほどが運営管理していた。いわゆるヨルダン川西岸地区でエリコの北10キロ、ユダの荒野の真っ只中に位置していた。今はパレスチナ自治区内なのでキブツは存在しないと思うが、当時は周囲にアラブ人の村がいくつか点在していて、キブツに対しては友好的な村もあれば敵対心をあらわにしてくる村もあり、キブツに対する発砲事件がしばしば起こっていた。
 私もある明け方の3時ごろたたき起こされ、キブツの真ん中にあるシェルターに連れて行かれたことがある。シェルター内はみな女性ばかりで手にはピストルを持っていた。男は外で銃を持ち見張りをしていた。「俺も男だから」と言うと、シェルター内の女性イスラエル人たちは「心配するな、私達が守るから。お前は武器を持っていないだろう」と言ってピストルを私に見せ、皆で私を真ん中に囲んだ。緊張した時間が続いたが幸い何事も無く終わり、皆そのまま平気で早朝の仕事に出かけていった。このような現実の中に生きているイスラエル人のたくましさにいたく感動した。

 イスラエル人は非常な「理想主義者」でありイデオロギッシュでもあるが、それ以上に「現実主義者」でもある。だからこそ2千年ぶりに祖国を再建することが出来た。日本人も「現実主義者」にならなければ事が起こってからでは遅すぎる、という気がしてならない。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ヨハナン

Author:ヨハナン
「イスラエルの風」へようこそ
ヘブライ語教室マアヤン・リナーの講師、児玉直純です。
福岡で、おそらく九州で唯一のヘブライ語教室です。また翻訳・通訳をしています。
http://www1.bbiq.jp/maayan-rinnah/index.html

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。