スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宗教家も気を遣う複雑な時代

 9月22日夕方のユダヤ新年の正月から数えて10日目にヨム・キプール(大贖罪日)を迎える。今度の日曜日の夕方から月曜日の夕方がその日だが、ユダヤ人は過去1年間の魂の総決算をし、最も聖なる日とされている。
 この日は断食をして祈るが、特に二千年前に神殿があった時は、雄山羊がイスラエルの民の罪を背負って、荒野に追われるという儀式があった(スケープ・ゴート)。
 神殿が崩壊した後は山羊ではなく、鶏を使い祈りを唱えながら頭の上で3回振り回す、という形になった。その後鶏は屠られて、貧しい人たちに配られる。
 これは今でも敬虔なユダヤ教徒は守っている。へブライ語で「カパロット(贖い)」と呼ばれる儀式だ。

 ところが近年は大贖罪日の頃になると毎年、動物擁護団体が「かわいそうだ」とラバヌートと呼ばれるユダヤ教指導者たちの議会に、押しかけ、ラバヌートも困っているそうだ。
 そこで今年は争いごとを好まないイスラエルの首長ラビ、ヨナ・メツゲル師がイスラエル中のラバヌートに「動物達に関しても我々の魂の清算をしよう。余計な屠殺をせず、必ずユダヤ法規に従ったカパロットをするように」と呼びかけた。

 しかし、そもそもユダヤ教ではカシュルート(食事規定)自体が、動物愛護の精神に立っており、食用の家畜を屠る際は、最も苦痛の少ない方法で殺さなければならず、そのための専門家(ショヘット)がいて、彼によって屠られた動物でなければ食べてはいけない、という規定があるほどだ。
 もちろんカパロットの際も同じである。

 こうやって見てみると、動物愛護団体の言うことは憐れみの精神にたっているようだが、実は人間の自然な伝統や歴史を無視した、イデオロギッシュな人々の集団であることがよく分かる。
 もっと文句を言うべき相手はたくさんいるだろうに。
スポンサーサイト

平和を欲しない連中

 ここ数日、親アラブや反米といわれる人たちの「対イスラエル闘争」に関する言論に触れる機会が多く、いろいろと勉強になり、考えさせられることが多かった。
しかしやっぱり腹の立ちっぱなしだった。
 イスラエルに関する新聞記事だけでも腹立つことばかりだが、加えていろいろな出版物を読んでいると、出版関係を含む日本のメディアはそのほとんどが「反イスラエル・親アラブ」であることに驚かされる。
 今日は反論というわけではなく、まとまりもない内容だが思ったことのほんの一部を書くことにする(まとまりのないのはいつものことだが)。

 アメリカを訪問していたアッバス議長が「統一政府はふりだしに戻った」と記者会見で発言した。イスラエルとの対話を望んでいるアッバス議長もずっと苦しい立場に立たされ続けている。
 イスラエルの存在を認めないのはハマスだけでなく、他のいくつものテロ組織が「イスラエルを認めるパレスチナ内閣は我々が潰す」と息巻いている。そのため「統一政府」樹立は非常に困難だ。
 今現在もガザからイスラエルにむけてカッサム砲が飛ばされ続けていて人的被害も出ている。

 日本ではなぜか親アラブの人たちによって、「第二次インティファーダ6周年記念会」なるものが9月末東京で開催されるそうだ。
 「民衆蜂起」などと訳されている「インティファーダ」だが、あれは武装したテロリスト達が一般民衆を盾にして「イスラエルがパレスチナ人を虐待している」と宣伝するためのプロパガンダ運動だ。

 私が大学の寮にいたとき、多くのアラブ人学生と友達になったが、インティファーダに対しては皆批判的だった。
 インティファーダではテロ組織の命令で「ストライキ」と称して店を開けることも出来なくなり、多くの人たちが貧乏のどん底に突き落とされたりした。のみならず武力闘争の際は女子供を最前線にだして投石させ、テロリスト達は一般人の住宅をアジトとして占拠していた。自分達に反対すると容赦なく「裏切り者」として殺害した。
 これは現地のアラブ人学生から直接聞いたことであり、また「裏切り者殺害」などはアラブ社会では今でも日常茶飯事で、現地のマスコミでも報道されている。
 日本のインティファーダを賞賛する人々は、このような事実を知っているのだろうか。

 その他にアラファトを英雄視する発言などがあったが、それついては長くなるので別の日に書くことにしよう。

シャナー トヴァー ウメトゥカー!

 ユダヤ新年明けましておめでとうございます。

 今晩から新しい年、ユダヤ暦5767年の幕開けだ。夕方から翌日の夕方までを1日と考えるので、夜に新年が始まる。ユダヤでは今でも太陰暦を用いているので、毎年西暦とのズレが生じるが、大体9月頃に新年を迎える。

 ユダヤ教の正月も新しい年を迎えるので、ご馳走をもって喜びの時を過ごす。辛く困難な時代を過ごしてきたイスラエル民族は、「今年は甘い年になるように」と蜂蜜をパンやリンゴにかけて食べる。私もイスラエル人の家庭に招待さたら、よく蜂蜜をお土産にもらったものだ。

 ユダヤ新年が他と違うのは、ただ喜ぶだけでなく、自分の魂の清算をして(ヘシュボン・ネフェッシュ)新しい一年を生きる、という点だ。
 元旦から10日間は「立帰りの10日間」とか「畏れの日々」と呼ばれ、昨年犯した罪を悔い改める時となる。
そして10日目にヨム・キプール(贖罪日)と言って、神様の審判が下される。この10日間は熱心な宗教家のみならず、一般的なユダヤ人も熱心に神様に祈り、立帰りの時をすごす。

 ちなみに「立帰りの10日間」については、9月に出された新刊でエリ・コーヘン駐日イスラエル大使の著書「大使が書いた日本人とユダヤ人」(中経出版)に、興味深い解釈が載っているので一読をお勧めする。

通りの名前

 イスラエルでは「ヘルツェル通り」や「ベンユダ通り」等、通りに名前が付いており、それが住所の表示にもなっている。
 
 マアリヴ紙によると、通り名で最も多いのは「ハザイト(オリーヴ)通り」で、全国124箇所の通りがこの名を冠している。
 次は「ハゲフェン(葡萄)」105箇所で、「ハテエナー(イチジク)」95箇所、「ハリモン(ざくろ)」89箇所、「ハタマル(ナツメヤシの実)」70箇所と植物が続く。

 人名で一番多いのは「ジャボティンスキー通り」55箇所、そして「ヘルツェル通り」が52箇所、初代首相「ベングリオン通り」が48箇所となる。

 聖書の人物で多いのは「ダビデ王通り」で28箇所。次に「ソロモン王通り」が26箇所、「サウル王通り」が25箇所となる。
 聖書人物が少なく、植物の名前の通りが多いのは驚いた。

 堂々1位のオリーヴは平和の象徴である。このことからもイスラエルの人々がどれだけ、日本で叫ばれているような空虚な「平和」ではなく、現実の平和を希求しているかが伺われる。

 画像はエルサレム新市街の中心地「ベンユダ通り」。ベンユダとはへブライ語を現代に復活させたエリエゼル・ベン・イェフダのこと。

ベンユダ通り

アダムとエバ

 以前女性が創られた理由を説明したジョークを載せたが(2005年12月21日記事ユダヤジョーク4参照)、今日は逆の観点からの女性創造の話をユダヤ教伝説から1つ。

 ローマ皇帝がラバン・ガマリエルに嘲るように言った。「お前達の神はとんでもない泥棒だ。男が眠っている隙に肋骨を一本取って女を創ったではないか。」
 するとラバン・ガマリエルの娘が「私に答えさせてください」と願い出た。
 皇帝:言ってみろ。
 娘:ある夜泥棒たちがやって来て銀が一杯詰まった深皿を盗み出し、代わりに金が一杯詰まった深皿を置いて行きました。
 皇帝:そんな泥棒たちなら毎晩来て欲しいものだ。
 娘:それなら最初の男から肋骨を一本取って女を与えたのはすばらしいことではありませんか!

駐日イスラエル大使の天皇観

 この1ヶ月間にイスラエルではレバノン戦争停戦、戦後処理やイスラエル政府の責任追及等様々なことが起こっていた。
 今更過去に起こったことに言及しても仕方がないので、最近自分の身辺に起こったイベントについてブログします。

 福岡では毎年9月をアジア・マンス(アジアの月)と言って、アジア各国の紹介イベントが福岡市の主催で行われている。
 2年前からイスラエルも紹介もされるようになり、今までパネル展や物産展、エリ・コーヘン駐日大使の講演会などが催された。
 今年は6・7日と大使と参事官が来られ、講演はなかったが福岡及び熊本を訪問し、知事や市長と会談が行われた。

 大使の日本語はこの2年間で驚異的に上達しており、要人との会談がほとんど日本語のみで行われた。まだ完璧というわけではないが、通訳を必要としなくなるのも時間の問題だ。

 福岡県庁が最初の訪問先だったが、ちょうど新宮さまのご誕生直後だったので、大使は先ず記帳され、親王殿下ご誕生についてのNHKのインタビューに日本語とヘブライ語で回答された。ヘブライ語での内容は、日本のどの政治家や識者たちのコメントよりも、日本の御皇室のコアな部分をついていたものだったのでここに紹介する。

 「日本民族の皆様、おめでとうございます。私はもう数日前から男児がお生まれになることが分かっていました。神様がそう決めておられたからです。やがて天皇になられるであろうこのお方が、良き日本のために健やかに強く育ち、天の使命を全うせられることをお祈りしております。」
プロフィール

ヨハナン

Author:ヨハナン
「イスラエルの風」へようこそ
ヘブライ語教室マアヤン・リナーの講師、児玉直純です。
福岡で、おそらく九州で唯一のヘブライ語教室です。また翻訳・通訳をしています。
http://www1.bbiq.jp/maayan-rinnah/index.html

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。