スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ナオミ・シェメルのエルサレムへの想い

 1967年、六日戦争(第三次中東戦争)の前、イスラエルの国民的シンガーソングライターのナオミ・シェメルが「黄金のエルサレム」という歌を作詞作曲しました。この歌は、シュリー・ナタンという当時19歳の軍の楽隊に所属していた女性がエルサレムの歌謡フェスティバルで歌い、国民の心を掴みました。
 エルサレムを愛し、古の昔神殿が建っていた旧市街がイスラエル国のものでないことを嘆いた歌です。
歌詞の一番は以下の通りです。
 
 「山々の空気はワインの如く澄み渡り、松の香りは鐘の音と共に黄昏の風に上る
  その真中に城壁を据えて一人座している都は、木と石のまどろみの時に、その夢の中で捕らわれている
  金と赤銅と光のエルサレムよ、我は汝の全ての歌に竪琴を奏でる者ではないか」

 原文では更にエルサレムの美しさが心に響いてやまない歌詞となっています。
 
 ところが、この歌に左翼活動家たちはケチをつけました。
 問題とされたのは2番です。
 「ああ、貯水池は枯れ、市場の広場は誰もいない
  神殿の丘や旧市街を訪れる者はおらず、周囲の洞窟に吹く風の音が虚しく響いている
  エリコの道を通って死海に下る者もいない」

 当時、旧市街やエリコへの道を通って死海に至る区域はヨルダン領でした。そのため「旧市街にはアラブ人がおり、この歌詞はそれを全く無視している」と、イスラエルの左翼活動家たちはこの歌詞を批判したのです。特に、日本でも晶文社という出版社などで有名なアモス・オズというリベラル作家は、この批判の先頭に立っていました。

 このような批判に対してナオミ・シェメルは以下のように答えています。
 「私はとても直感的な人間です。合理的な知性でなく、腹から湧いた思いを歌詞にしたのです。
 これは人が恋人を慕うのと同様なのです。
 つまりアモス・オズの主張は、あたかも彼が自分の精神科医のところに行って、「心配ないよ。君の恋人はベッドに独りぼっちでいるわけじゃないよ」と聞いて、安心しているようなものなのです。
 私自身は、壮大な譬えで言うと、ユダヤ人がいない世界は死んだ星と同様なのです。そんな世界は残念でならない。ユダヤ人のいないイスラエルの地などというものは、私にとって空虚な場所にすぎないのです。
 私はアラブの中にも素晴らしい詩人たちがいるのを知っています。そして彼らもまた彼らの慕情を表す詩を書いています。
 私は私の慕情を表現しただけなのです」。

 エルサレムはユダヤ人にとって花嫁であり恋人なのです。実際に歴史的文学でもそのように描かれています。

 以上はとても有名な話で、私もイスラエルで何度も聞いた内容でした。しかしネット時代になって実際にナオミ・シェメルさんがそのことを話している音声に触れるのはこれが初めてで、とても感動しました。
 以下にそのリンクを張り付けておきます。

https://www.youtube.com/watch?v=2W8gwoBxnGw

 最近、国連機関であるユネスコが、ユダヤ人とエルサレムの関係を否定する決定を出しましたが、これは歴史的事実を無視しているのみならず、ユダヤ人のエルサレムに対する思慕の心を全く理解していない決定であると言わざるを得ません。

スポンサーサイト

先週の金曜日8月19日は「ユダヤについての学習会」第5回が行われました。
今回は急用で参加できない方が多く人数は少なかったですが、内容は充実していました。
「反ユダヤ主義と陰謀論」について学びましたが、準備している時も内容が内容だけに気持ちが暗くなる感じでした。
反ユダヤ主義は英語でantisemitism、「反セム主義」ですが、ユダヤ憎悪を対象に使われ続けた言葉です。
18世紀までの伝統的反ユダヤ主義と19世紀以降の近代的反ユダヤ主義、現在の反ユダヤ主義、日本における反ユダヤ主義、ユダヤ陰謀論の内容などの話をしました。

次回の「ユダヤについての学習会」第6回はいよいよ最終回となります。

実は昨日(8月22日)フェイスブックでイベント頁を立ち上げたら一晩のうちに満席となってしまいました。
だったらブログで紹介するなよと言われそうですが、キャンセル待ち申し込みを受け付けますので、ご希望の方はメッセンジャーかメールにてご連絡ください。
キャンセルが出次第、ご連絡差し上げます。

内容は以下の通りです。
テーマは「日本とユダヤの関係」です。
前回日本における反ユダヤ主義といったマイナスイメージのみを取り上げましたが、次回は日本とユダヤの友好関係について学びます。
日露戦争時のヤコブ・シフの話など有名なものから案外知られていない話まで、近現代以降の日本とユダヤの関係をお説明します。
例えば、ヨセフ・トゥルンペルドール。日露戦争時に日本に捕虜として滞在していました。彼の捕虜時代の日本滞在経験がイスラエル建国開拓の精神に繋がったと言われています。
また皆に関心の高い日ユ同祖論は実のところどうなのか?
君が代や伊勢音頭はヘブライ語なのか?などの話もします
「ユダヤについての学習会」は今回で最後となります。

なお学習会後はそのまま短い懇親会を行う予定です。
飲み物やつまみなどは各自持ち寄りとなり、懇親会費は無料です。焼酎、お茶はこちらで用意しております。

        記

学習会名称:「ユダヤについての学習会 第6回 日本とユダヤの関係」
主催:ヘブライ語教室マアヤン・リナー
講師:児玉直純
場所:福岡県糟屋郡粕屋町若宮2⊸19-35
   ヘブライ語教室マアヤン・リナー事務所
日時:平成28年9月16日(金)
時間:午後20:30~22:00
料金:一人1500円(資料代込)
定員:14名
連絡先:ヘブライ語教室マアヤン・リナー 児玉直純
     yohananko365248@iwk.bbiq.jp

ユダヤについての学習会第5回のお知らせ

先週の金曜日7月15日は「ユダヤ人の人生」と題してユダヤ人の通過儀礼について話しました。
今回はプロジェクターを使って、YouTubeなどで公開されている映像を見ながら「割礼」「成人式」「結婚式」「葬式」について、ユダヤ教の考え方を学びました。
リピーターとして参加されている方々は積極的に質問もされて、盛り上がった会になったのではないかと思います。
学習会後は恒例の懇親会で、終電を逃してしまった方もいるくらい、話が尽きない場となりました。

さて、次回の学習会のご案内です。

第5回は「反ユダヤ主義と陰謀論」についてです。
日本人のユダヤ観は「ベニスの商人」と「シオン長老の議定書」からスタートしたと言われています。
それゆえユダヤ人がほとんどいない日本において、ユダヤ人と言えば「悪徳金貸し」と「世界を裏で支配している」というイメージが定着してしまっている感があります。
今回は世界史における反ユダヤ主義や日本のユダヤ観について説明します。
巷間言われているユダヤ陰謀論や「シオン長老の議定書」や「ハザール帝国」などについても説明します。


ユダヤについての学習会は6回まであります。
可能な回のみの参加でも構いません。
奮ってご参加ください


なお学習会後はそのまま短い懇親会を行う予定です。
飲み物やつまみなどは各自持ち寄りとなり、懇親会費は無料です。焼酎、お茶はこちらで用意しております。

        記

学習会名称:「ユダヤについての学習会 第5回 反ユダヤ主義と陰謀論」
主催:ヘブライ語教室マアヤン・リナー
講師:児玉直純
場所:福岡県糟屋郡粕屋町若宮2⊸19-35
   ヘブライ語教室マアヤン・リナー事務所
日時:平成28年8月19日(金)
時間:午後20:30~22:00
内容:
料金:一人1500円(資料代込)
定員:15名
連絡先:ヘブライ語教室マアヤン・リナー 児玉直純
    yohananko365248@iwk.bbiq.jp

補足
6回目の予定は以下の通りです。
6回目 9月16日(金) 「日本とユダヤの関係」

ユダヤについての学習会第4回のお知らせ

今週の金曜日開催です。
まだ席は空いています。
今回はユダヤ人の人生「誕生、成人、結婚、死」や教育、お祭りなどについてお話しします。
プロジェクターによる映写なども考えています。


ユダヤについての学習会は6回まであります。
可能な回のみの参加でも構いません。
奮ってご参加ください

なお学習会後はそのまま短い懇親会を行う予定です。
飲み物やつまみなどは各自持ち寄りとなり、懇親会費は無料です。焼酎、ワイン、お茶はこちらで用意しております。

        記

学習会名称:「ユダヤについての学習会 第4回 ユダヤ人の生活・人生」
主催:ヘブライ語教室マアヤン・リナー
講師:児玉直純
場所:福岡県糟屋郡粕屋町若宮2⊸19-35
   ヘブライ語教室マアヤン・リナー事務所
日時:平成28年7月15日(金)
時間:午後20:30~22:00
内容:ユダヤ教徒の生き方に触れる
料金:一人1500円(資料代込)
定員:15名
連絡先:ヘブライ語教室マアヤン・リナー 児玉直純
    yohananko365248@iwk.bbiq.jp

補足
5回目以降の予定は以下の通りです。
5回目 8月19日(金) 「反ユダヤ主義と陰謀論」
6回目 9月16日(金) 「日本とユダヤの関係」

「ユダヤについての学習会 第3回 宗教としてのユダヤ教」報告

 6月17日は第3回目のユダヤ学習会。
 ユダヤ教とは?
 ユダヤ教の歴史的流れ
 ユダヤ教主な三派
 ユダヤ教の信仰の特質
 トーラー、ミシュナ、タルムード等の用語説明
 具体的なユダヤ法
 ユダヤ法を身近な内容に当てはめての話が盛り上がりました。

 学習会後は懇親会。
 中には残って朝まで話すこむ方も数名いました。
 このような学習会に参加される方は皆さん意識も知的レベルも高く、話がつきません。
 次回は少し人数を増やして募集する予定です。
 

学習会の様子
学習会の様子
プロフィール

ヨハナン

Author:ヨハナン
「イスラエルの風」へようこそ
ヘブライ語教室マアヤン・リナーの講師、児玉直純です。
福岡で、おそらく九州で唯一のヘブライ語教室です。また翻訳・通訳をしています。
http://www1.bbiq.jp/maayan-rinnah/index.html

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。